BLOG ブログ記事

耳を鍛えると歌が上達する仕組みとは?

耳を鍛えると歌が上達する仕組みとは?

赤羽皇平

歌が上手くなりたいなら、耳を鍛える必要がある!

こんな言葉を聞いたことはありませんでしょうか?

でも、耳を鍛えることと歌を上達することはなんで関係しているの?
そう疑問に思った人も少なくないはずです。

この関係についてわかりやすく動画で解説いたします!

自分の歌声の欠点はなかなか自覚しづらい

動画で解説してるように、
ほとんどの人は音楽的な意味で耳が鍛えられてるわけではありません。

そのため、

今の自分の歌声を録音して聴いても、
そこから得られる情報や印象というのは
実は結構あやふやなのです。


正しく歌えていると思い込んでいるフレーズも、
実はちゃんと音が当たってなかったり、発音が雑だったりします。

でも、歌はその課題に気づいて修正を繰り返さないと上達しません。


それが原因で、今改善すべき課題が見えずに
練習してもなかなか上達しない状態に陥ってしまう人が多いです。

耳は「気づき」の積み重ねで鍛えられる

では、耳はどういう時に鍛えられるのか?

それは、「音の違いに初めて気づいた」ときです。

今まで流し聞きしかしてなかった音楽を
注意深く聴いてみることで、
気づかなかった音の違いに気づくことがあります。

1回違いに気づいてしまえば、もう一度聞き直したときに
その音の違いをはっきり認識できるようになります。


つまり、耳がレベルアップしているということです。


そうやって少しずつ鍛えられていくものですが、
やっぱりなかなか音の違いに気づけない人も多いです。

その場合はやはり、歌が上手い人や、
僕を含めたボイストレーナーからアドバイスを貰うのが
手っ取り早い方法です。

自分が気づけない音の違いをピンポイントに指摘してもらえば、
そこに集中して聴くことで違いがわかりやすくなります。


もし練習に行き詰まったときは、
積極的に相談にしてみることをおすすめいたします(^^

僕からLINEでいつでも歌のアドバイスを受けられる
オンラインサロンも運営しておりますので、
興味のある方はぜひ参加してみてください!

筆者プロフィール

赤羽皇平
赤羽皇平海外生まれのハーフボイストレーナー
カラオケが上手くなりたい一般の方から現役の歌手まで、オンラインを通して数々の人に自身のボイトレメソッドを指導。理論がわかりやすく効果を実感できると評判であり、自身が運営するYouTubeチャンネルも登録者数6万人を突破!