BLOG ブログ記事

こもった声を解消する簡単ボイトレ法

こもった声を解消する簡単ボイトレ法

普段の会話や歌っているときに、
声がこもってしまうと悩んでいる方はいませんでしょうか?

よりハキハキと聞こえる発声になるために、
簡単にできるボイストレーニング法をご紹介します!

声がこもる主な原因

「声がこもる」という症状は主に2種類あります。

・鼻抜けの悪さによって声がこもって聞こえる
・舌の動きが硬く、滑舌の悪さから発音がこもる


上記の2つがよくある悩みです。

まず自分がどんな状態にいるのかを改めて
客観的にチェックしてみてください。

症状によって改善の仕方は異なります。

鼻抜けの悪さが原因の場合

ここで言う「鼻抜けが悪い」とは、
声の響きのバランスが偏ってしまってる状態で、

鼻声まではいかないけど、
少し声の抜けが悪く、こもって聞こえる感じです。

この場合は、発声時の悪い癖を直し、
声の響きのバランスを整えるトレーニングを行います。

やり方は簡単で、
鼻をつまんだ状態で、鼻声にならないように
意識しながら発声をするだけです。

鼻をつまんだ状態で、鼻にも息を通して発声しようとすると、
鼻をつまんでいる指に振動が伝わって鼻声になります。

逆に、鼻に息を通さないように意識して発声すると、
鼻声にならずに発声することができます。
(「ナ」や「マ」などの鼻音を使う発音は鼻声になります)

この「鼻声にならない発声」で綺麗にこもらない発声ができれば、
それを定着させるように練習しましょう。

もし、この発声をしても声のこもりが改善されない場合は、
原因は鼻抜けの悪さではなく、滑舌の悪さにありますので、
もう一方の改善方法を試してみてください。

滑舌の悪さが原因の場合

舌の動きが硬く、滑舌によって発音がこもってしまう場合は、
舌をやわらかく動かせるようにトレーニングしていきます。

簡単な滑舌トレーニングをここでご紹介いたします。

舌を縦横にストレッチする

まず舌のストレッチを行います。
思いっきり舌を前方に突き出して、舌根がストレッチされるのを感じてください。
そのまま舌を縦の方向と横の方向に動かしてストレッチしていきます。
(それぞれ10秒数えて切り替えていきます)

まず、縦方向に舌の先を鼻の先につけるようなつもりで上に伸ばします。

1…2…3…4…5…6…7…8…9…10

次に、舌の先を顎につけるように下に伸ばします。

1…2…3…4…5…6…7…8…9…10

次に、横方向に舌を左へ伸ばしていきます。

1…2…3…4…5…6…7…8…9…10

最後に、舌を右へ伸ばしていきます。

1…2…3…4…5…6…7…8…9…10

OKです。

そうしたら、唇をぶるぶる(リップロール)するか、巻き舌トゥルルルル(タングトリル)でリラックスしてください。

「パ・マ・タ・カ・ラ」を速く発音する

「パ・マ・タ・カ・ラ」それぞれを速く発音する練習です。

「パパパパパ…」
「マママママ…」
「タタタタタ…」
「カカカカカ…」
「ラララララ…」

発音が繋がってしまわないように、綺麗に速く発音できるように練習しましょう。
舌だけでなく口まわりの動きも合わせて鍛えることができます。

外郎売で綺麗な日本語発音のイメージを付ける

声優やアナウンサーの滑舌トレーニングとして使われる題材「外郎売」というものがあります。
噛まずにテンポよく、抑揚も意識しながらハキハキと朗読をするトレーニングです。

歌唱力の根本として発音力はとても重要な要素ですが、
意外と人は日本語を綺麗に発音できてないものです。

以下に声優の梶裕貴さんが投稿している外郎売の動画を貼りましたので、
梶さんの発音の仕方を真似しながら練習してみてください。

試しても声のこもりが解消されない場合

上記の方を試しても声のこもりが解消されない、
まだ自分の声に違和感を感じるという場合は、

もしかしたら、そう感じさせてしまう原因が他にあるかもしれません。

そもそもの発声の基礎ができていないことが原因か、
歌い方が表現が悪いのか、様々な要因が考えられます
ので、

自分で正確に判断ができない場合には、
直接レッスンでわかる人に聞いてもらう必要があります。

赤羽ボイストレーニングでは、スカイプを使って全国どこでも
自宅やカラオケボックスから僕のレッスンを受けられますので、

・直接自分の歌声を聞いてもらってアドバイスが欲しい
・独学で練習することに限界を感じてきた


そういう方はぜひオンラインスカイプレッスンをご活用ください(^^

筆者プロフィール

赤羽皇平
赤羽皇平海外生まれのハーフボイストレーナー
カラオケが上手くなりたい一般の方から現役の歌手まで、オンラインを通して数々の人に自身のボイトレメソッドを指導。理論がわかりやすく効果を実感できると評判であり、自身が運営するYouTubeチャンネルも登録者数6万人を突破!