BLOG ブログ記事

歌初心者におすすめする2つのボイトレ練習

歌初心者におすすめする2つのボイトレ練習

どうも、ボイストレーナーの赤羽皇平です!

今日は僕が過去にYouTubeに上げた動画の中で、
初心者にまずはおすすめする2つの練習についてご紹介します。

内容はとても基礎的ですが、
しっかりとポイントを押さえてできている人が
少ない部分ですので、

「基礎なら自分はできてるはず」と思っている人も、
今一度確認してみてほしいと思います。

いつも言ってることですが、

基礎をちゃんとできてるならすでに
一般の人から見てカラオケで「上手い!」と
言われるレベルになってるはずです。


まだそれを実感できてないなら、
なにかしら基礎が抜けてるかもしれませんよ(^^

定番だが奥が深い「スケール発声練習」

学生時代の音楽の授業でやったことがある
という人も多いではないでしょうか?

「マママママ~」と発声しながら音を徐々に上げていく練習です。

授業前のウォーミングアップとして
度々使われるスケールの発声練習ですが、

この練習を適当にやるのと、ポイントを意識しながらやるのとでは、
まったく練習の効果は違ってきます。

スケール発声練習の解説動画

練習のポイント

  • 音がブレないように気を付ける
  • 声の質感は常に一定で統一感があること
  • 顎をリラックスさせて、発音が固くならないように
  • 遠くに声を飛ばすように綺麗な声の響きを意識しよう

意外と知らない!声の響きバランス調整練習

歌において響きのある声を出すことは基本です。

その響きを意識しやすくするために、
様々なアイデアの練習が存在しますが、

間違った声の響かせ方を身につけてしまう人が結構います。

響きが鼻にかかりすぎて「鼻声」で歌ってしまうケースです。

綺麗な響きを出すためには鼻に声を当てるべきと
勘違いしてしまってる人が多いですが、

鼻に当てなくても綺麗なバランスの声を出すことはできます。

それを動画で実演しておりますので、
まずはそちらをご確認ください。

声のバランス調整解説動画

練習のポイント

  • 鼻をつまんだ状態で鼻声にならないように発声
  • 鼻を使わずに綺麗なバランスで発声できるようにする
  • 曲を歌うときも鼻に偏って発声しない癖をつける

まとめ

上記の2つの練習を正しく実践できるだけで、
歌声の安定感と聞こえ方は180度変わりますので、
ぜひ練習に取り入れてみてください。

ボーカルも楽器と一緒で安定した音を出すことが基本ですので、
今一度ご自身の歌声を客観的に評価してみてくださいね!

より詳しく歌の基礎について学びたい!
カラオケで「上手い!」と言われるレベルになりたい!
という方はぜひ「赤羽式ボイトレ入門講座」の動画講座を受講してくださいね(^^

無料とは思えない充実した内容をお届けします!