BLOG ブログ記事

喉を壊しながら音域を広げるのはダメ?

喉を壊しながら音域を広げるのはダメ?

From:赤羽皇平
自宅の仕事部屋より、、、


どうも、赤羽皇平です!

昔歌い手として活動していたときを思い出しながら、
久々にボカロ曲を歌ってYouTubeに投稿しようか考えてます。

久々に昔のボカロ曲を調べていると
懐かしい曲ばかり出てきて画面の前でニヤニヤしてました。

ふと、自分が歌の練習をして
上達してきた過程を振り返ってみると、

最初のころは結構無理な発声をしながら
自分の音域を伸ばしていたことを思い出します。

よく歌手の方が「どうやって音域を伸ばしたんですか?」
とインタビューされるときに、

「とにかく高い音を張り上げて伸ばした」
「喉を壊しながら伸びていった」


と話す場面がよくありますよね。

実際に僕自身も無理な発声をしながらも
音域を伸ばしていった経験はあるので、

はたして、喉を壊しながら音域を広げることは
必要か?必要でないか?

これについて話したいと思います。

喉を壊すことも必要?

プロの歌手も喉を壊しながらやってたと言っているから
喉を壊すのは実は必要なことなのでは?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ボイストレーナーの立場上、
喉を壊すような練習はダメだというのは当然ですが、

僕はある意味では必要なことだと考えてます。

どういうことかと言うと、

「喉を壊してはいけないから」と考えて、
脱力を過剰に意識したり、

地声を鍛えることを諦めて、
裏声を鍛えることのみに集中してしまう人が
一定数いるからです。

一定以上の負荷をかけたトレーニングは必要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えるなら、

筋トレで筋肉を追い込んで肥大させたいのに、
怪我することを恐れて、
軽すぎる負荷でトレーニングしてるような感じです。


無理のしすぎは良くないですが、
軽くやりすぎてもあまり意味ないのです。

歌は筋トレとは全く同じというわけではないですが、

高い声が出なくて、声を絞り出している状態は、

発声として改善が必要ではありますが、
歌う上で必要最低限の声圧を出すという面においては
ある意味初心者には必要なものです。

それを避けていては、
弱く厚みのない声から抜け出せずに
ずっと練習を続けることになります。

いろんな方の歌声を聴いてきましたが、
時々この罠にはまってる人を見かけます。

まずは根本的な問題として、
歌う上でどれくらいの声を出すのが一般的なのか
という基準をちゃんと知る必要があります。

そこから先の音域拡張のために、
喉を壊す必要はありません。

ステップを踏んで必要な技術を
少しずつ身につけていけば、
音域拡張はもちろん、ミックスボイスも習得できるようになります。

自分の練習の方向性が合ってるか不安な方は
スカイプレッスンでも行っておりますので、
僕から直接アドバイス指導を受けてくださいね(^^

練習の参考になれば幸いです。


赤羽皇平

筆者プロフィール

赤羽皇平
赤羽皇平海外生まれのハーフボイストレーナー
カラオケが上手くなりたい一般の方から現役の歌手まで、オンラインを通して数々の人に自身のボイトレメソッドを指導。理論がわかりやすく効果を実感できると評判であり、自身が運営するYouTubeチャンネルも登録者数6万人を突破!