BLOG ブログ記事

高い声が出ない原因を簡単チェック!“今”必要な練習がわかる

高い声が出ない原因を簡単チェック!“今”必要な練習がわかる

From:赤羽皇平
都内の音楽スタジオより、、、

「高い声が出ない」というのはボイトレにおいて一番多い悩みであり、
皆さまからもたくさんの質問をいただく内容です。

そもそも本当に音域を広げることができるのか?
そのような疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ご安心ください。

昔は学校のクラスで一番声が低かった僕自身でも
今では音域の高いポップスの曲も歌えるようになってます。

僕の昔の歌声と、成長したあとの歌声を比較した動画もありますので、
これを観ていただければその変化がわかるかと思います。

そんな僕の経験から言わせてもらいますと、
自分の課題を把握して、適切なアプローチで練習していけば、
確実に音域を広げることはできます。


逆に言えば、なかなか音域が広がらないと悩んでいる人は、
何かしら間違ったアプローチで練習をしてしまってるということです。

今回は多くの人が抱える声の課題点についてご紹介いたします。
自分が今どの段階で躓いているのかを確認し、
練習の方向性の参考にしていただければ幸いです。

筆者プロフィール

赤羽皇平
赤羽皇平海外生まれのハーフボイストレーナー
カラオケが上手くなりたい一般の方から現役の歌手まで、オンラインを通して数々の人に自身のボイトレメソッドを指導。理論がわかりやすく効果を実感できると評判であり、自身が運営するYouTubeチャンネルも登録者数6万人を突破!

歌に使う正しい発声はできていますか?

歌はスポーツや運動と一緒だと考えてください。
スポーツには効率良く身体を使うための正しいフォームがあるのと同様に、
歌においても正しい発声のフォームがあります。

これはボイストレーナーに指摘をされないと本人はなかなか自覚できない部分ですので、
間違った発声の仕方をしていることに気づかずに、
闇雲に歌の練習を続けてなかなか思うように上達できないという人が多いんです。

あなたが正しい発声の仕方ができているかまず確認してみましょう。

声色を変えずに大きな声を出す

正しい発声ができているかを確認する一つの方法として、
声量の強弱をつけるときに声色が変わるかを確認するやり方があります。

スマホなどで録音しながらやってみてください。

<手順>
-----------------
①目の前にいる人でもかすかに聞こえる程度の小さい声で「あ~~」と声を出してください。
②徐々に声を大きくして、最終的に遠くにいる人を呼ぶぐらいの声量まで持っていきましょう。
-----------------

では、録音した自分の声を聴き返してみてください。

声量が大きくなっていくにつれて「怒鳴り声」のようになっていませんでしょうか?

もしそうなっていたら、それはダメな声の張り方です。

歌に使う正しい発声ができている場合は、
小さい声を出しているときの優しい声色を保ったまま
綺麗に声量だけ大きくなっていく感じになります。

音の響きが四方八方に広がって増幅されたように聞こえます。

プロ歌手の綺麗に伸びる迫力のある声は、ここの基本から来ています。

これができていない人は、
まず発声の基礎から練習をする必要があります。

地声の音域はどれくらい伸ばせるか?

発声の基礎ができている前提で、
あなたは地声の声区でどれくらいの高さまで出せますか?

これは地声で必ず高い声を出さなければいけないという意味ではなく、

歌う上で最低限これぐらいはしっかり地声も出せないと
歌声の基盤が弱くなってしまうという基準があります。

地声で高い声が出ないからって、地声を捨てて裏声を鍛えて
上手く繋げようと練習している方も時々いらっしゃいますが、
地声もちゃんと鍛える必要があります。

ここでは、地声の力強さを保った状態でどれくらいの音域まで
安定して出せてるかという基準で評価します。

男女別の地声音域の目安はこれだ

歌う曲のジャンルと音域にもよりますが、
一般的なポップスの曲をある程度厚みのある声で歌えるようになるためには
以下の音域を地声で安定して綺麗に出せると良いです。

【男性】
F4(ファ)~A4(ラ)

【女性】
A4(ラ)~C5(ド)

男性の場合、A4は地声で出せても少し声質はきつくなるぐらいギリギリなところです。
同様に女性の場合はC5がギリギリになります。

ですので、結構頑張って出してA4もしくはC5を地声で当てられるなら上等です。

男性のF4、女性のA4はリラックスして力強く出せるのが理想になります。

上記の音域を参考にして、
自分の地声の状態をチェックしてみてください。

もし全然届いていないということなら、
今は地声の音域を少しずつ伸ばしていくことを優先に考えて練習すると良いです。

裏声を安定して綺麗に出せているか?

裏声も歌において重要な要素です。

高音を効率よく発声するために必要になってくる「ミックスボイス」という技術も、
地声と裏声両方が安定してコントロールできていることが前提になります。

地声と同様、綺麗なバランスでリラックスして裏声を出せているかチェックしてください。

もし裏声がかすれたり、声が安定していないということなら、
裏声の練習が必要になります。

地声と裏声を繋げることができるか?

地声と裏声が安定して出せていること前提で、
最終的に一番楽で効率よく高音を出すためには「ミックスボイス」という技術が必要になります。

ミックスボイスについては結構間違った認識をされてしまうことが多く、
これを一から説明するのもまた長くなってしまいますので、
また別の記事で解説したいと思います。

現時点で、ある程度地声の音域も広がって歌える曲は増えたけど、
サビであと一歩高音が出せないとか、出せても結構きつく張り上げてる感じでしか出せない
こういった状況にいる人は少しずつミックスボイスの練習を始めていきましょう。

その一番最初の入り口が「声区融合」の練習です。

一般的に地声をそのまま高くしていって、限界の高さまで来ると途端に裏声にひっくり返る現象が起きます。
このひっくり返るポイントを「換声点」と呼びます。

この地声と裏声の換声点がまるでないように、スムーズに繋げることを声区融合といいます。

まずはこの声区融合の練習から始めてみてください。

※まだ地声や裏声の課題が残ってる状態で声区融合の練習をしてしまう人が多いですが、今までのチェック項目がしっかりできてること前提で取り組む必要があります。

声区融合はできるけど歌に使えない?

声区融合を練習して、地声と裏声が繋がるようになった。
だけど、いざ歌で使ってみようと思っても上手くいかないんです。

このような質問をよくいただきます。

当然です。

声区融合はまだ入り口の部分であり、
それでミックスボイスが使えるという状態になったわけではありません。

地声と裏声を繋げられるようになってから、
今度は幅広い音域で柔軟なバランスの声を出し分けられるように強化する必要があります。

例えば、

地声と裏声どちらでも出せる高さの音で「あ~~」と、地声と裏声をどちらも出してみてください。

安定して出せましたでしょうか?

では次に、

同じ高さを保ったまま地声から裏声へ、
声をひっくり返らせずに徐々に移行してみてください。

やってみると結構難しいと思います。

要は、同じ高さの音で
地声100%、裏声100%、その間の声質
を自在にコントロールして出せるかを評価しています。

これをより幅広い音域でできるように練習することが
ミックスボイスの強化だということです。

声区融合はできるけど歌に使えないという状態の人は、
ミックスボイスの強化を行いましょう。

課題を把握して今必要な練習に取り組む

ここまでで難しい内容の話も出てきましたが、
一気にすべて理解できなくても大丈夫です!

上記の内容を参考にまず自分がどの立ち位置にいて、
何が課題なのかを目途を付けて、必要な練習に取り組んでみてください。

それぞれの詳しい練習の仕方については、
また別の記事か、僕のYouTubeチャンネルでも
たくさんの動画が上がっておりますので参考にしてみてください。

ただ、ほとんどの方は最初の発声の基礎で躓いていることかと思いますので、
発声の基礎を身につけたいという方に向けて、無料で受講できる動画講座を用意しております。

発声の基礎ができるだけでも、
カラオケで「上手い!」と言われるレベルになりますので、
ぜひ一度受講してみてください。

こちらから受講できます:

赤羽式ボイトレ入門講座を受講する(無料)